着圧シャツって何のためにあるのという話

着圧シャツって何のためにあるのという話

着圧シャツ(コンプレッションウェア)って何?

スポーツジムやランニング、果ては少年野球のユニフォームまで、アスリートがよく着用しているぴったりとしたデザインのシャツ。
このシャツの正式名称はコンプレッションウェアというのですが、日本国内においては「加圧シャツ」、または「着圧シャツ」とも呼ばれています。
読んで字のごとく「身体を圧迫するシャツ(ウェア)」なのですが、なぜいまアスリートの間でこの“着圧”が注目されているのでしょうか。鉄筋シャツ金剛筋シャツをはじめとした加圧シャツの総合メディア、最強!加圧シャツランキング.comがその理由をお伝えいたします。

着圧するからすごいことがあるんです。

コンプレッションウェアや着圧シャツを身に着けて、身体に適度な圧力を加えると大きく分けて以下の3つの“いいこと”があるといわれています。

疲労軽減・競技パフォーマンスの向上

身体に適度な圧力をかけるコンプレッションウェアは、運動中の筋肉のブレを少なくしてくれます。
筋肉のブレが少なくなるということはすなわち

  • 筋肉が無駄な動きをしなくなるので、通常時よりも疲労が軽減される
  • 疲労の全体量が減るので、翌日の回復が早くなる
  • 競技時のパフォーマンスが向上する

ことにもつながります。

テーピング効果でけがを防止

スポーツ時にけがを防止するために間接に包帯を巻く“テーピング”ですが、全身を程よく着圧するコンプレッションウェアはまるで全身をテーピングしているようなもの。
身体や関節の動きをほどよくサポートしてくれるので、スポーツでは絶対に避けたい怪我を予防・防止してくれる効果があるようです。
上半身の場合は、肩甲骨・骨盤・胸筋・腹筋を補助してくれる加工がされている着圧シャツも少なくありません。

夏は涼しく・冬は暖かく

一見すると薄手でぴったりしたデザインのコンプレッションウェア。夏場は暑くて冬場は寒そうという印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はその逆です。
着圧シャツのほとんどは速乾吸収素材を使っているので、夏場は汗をかいてもドライな着心地を味わえますし、冬場も、普通の衣類と比較したときに身体とシャツの素材の間に空気が入らないので防寒対策にもなるという意味で“夏涼しくて冬暖かい”理想のウェアなのです。
特に、汗冷えを軽減できる点は筋トレファンやアスリートの間でも注目されています。

鉄筋シャツなら背筋も矯正されて一石二鳥

このように魅力あふれる着圧シャツですが、実はお値段が張ることでも有名。コンプレッションウェアを流行させた有名ブランド、アンダーアーマーの製品だと1着につき5,000円~10,000円程度するというのも珍しくありません。アンダーアーマーのコンプレッションウェアの品質は多くのプロスポーツ選手も認めてはいるもののこの価格は「はじめの1着をお試し感覚で挑戦してみたい」という方や「どうせ買うなら毎日着用したいので、洗い替えがほしい」といった方には少しハードルが高いのではないでしょうか。そんなときにおすすめしたいのが鉄筋シャツです。

鉄筋シャツのお値段は1着につき3,980円。公式サイトでもお伝えしておりますが、6着までまとめ買いが可能で、まとめ買いをすればするほどお値段はお求めやすくなります。(以下表参照)

枚数  値段 送料 備考
1枚(単品購入) 3,980円 800円
2枚 7,800円 800円 単品より160円お得
3枚 11,580円 無料 単品より1,160円お得
4枚 15,440円 無料 単品より1,280円お得
5枚 19,110円 無料 単品より1,600円お得
6枚 22,680円 無料 単品より2,000円お得

鉄筋シャツのうれしいポイントはそれだけではありません。
スマホに触れて猫背になりがちな現代人の姿勢をサポートするための姿勢矯正バンドや、腹筋を引き締めるためのウエストベルトも標準搭載されているので、スポーツをするときだけではなく日常生活でも気軽にご利用いただけます。
せっかく着圧シャツをお試しになるのであれば、気軽に日常生活でも着用できるもののほうが理想的ではないでしょうか。

金剛筋シャツはふだんのインナーとしても使えるのか?

2017.05.24

加圧シャツの複合メディアである最強!加圧シャツランキング.comでは、鉄筋シャツ金剛筋シャツを中心にネットで販売されているブランドの加圧シャツや、有名スポーツブランドの加圧シャツについての効果や使用感、さらには使い方まで幅広い情報をお届けしています。加圧シャツの情報は最強!加圧シャツランキング.comをご覧くださいませ。

鉄筋シャツ公式サイトへ