コアプレッシャー(モアプレッシャー)って実際どう? 口コミは?

コアプレッシャー(モアプレッシャー)って実際どう? 口コミは?

男性に大評判の加圧シャツ
着ているだけで圧力がかかるため、常に筋トレ状態を実現した優れものです。

最強!加圧シャツランキング.comはそんな加圧シャツについて考察する口コミ・比較メディアですが、なかでも今回は相場が5,000円ほどといわれている加圧シャツ業界で1,780円という異例の安値で販売しているコアプレッシャーの口コミを紹介していきます。
※2017年現在、コアプレッシャーの商品名は“モアプレッシャー”に変わっています。

コアプレッシャー(モアプレッシャー)の特徴が口コミでも好評!

それではさっそく口コミをみていきましょう。まずは実際に着用した方の良い口コミを3つご紹介します。

26歳/S.G
軽い筋トレをしただけのに筋肉がつきました!
着丈が長めなのでお腹がめくれることがありません。

コアプレッシャーはお腹がめくれないようにロング丈になっています。
普通の加圧シャツではお腹が出てしまったり、激しく動くトレーニングの途中に裾がめくれてしまうことがないようにというコアプレッシャー(モアプレッシャー)開発側の心遣いからできた特徴です。
ロング丈仕様の工夫は他の加圧シャツにないコアプレッシャーの特徴です。

50歳/K.Y
姿勢の悪さが長年のコンプレックスで購入しました。
思ったより締め付け感があって姿勢も良くなったと感じております。

こちらの口コミにもある通り、コアプレッシャー(モアプレッシャー)の背面には、V字の“姿勢補正バンド”が搭載されています。
このV字補正バンドが肩甲骨を後ろに引っ張ることで、正しい姿勢に補正してくれるのです。
着ているだけで姿勢補正ができるので、ついつい猫背になりがちなデスクワーカーの方にもおすすめです。

35歳/Y.N
値段で購入を決めました。
効果はまだ分かりませんが引き締められている感じはします。
UネックとVネックの選択肢があるのでうれしいです。

続いてUネックとVネックを選択できるのもコアプレッシャーの魅力のひとつです。
選べるカラーも黒と白、そしてネイビーまであります。
そして半袖タイプにとどまらず長袖タイプの展開までしています。

さらに、価格の面でもコアプレッシャーは安値で手に入るので加圧シャツのお試しにも使えます。
安値で手に入るうえに盛りだくさんの嬉しいメリットが詰まっているので、良い口コミが多くみられました。

あまり良くない口コミも……コアプレッシャー(モアプレッシャー)のデメリットは?

しかし、そんなコアプレッシャー(モアプレッシャー)も良い口コミばかりではなく、あまりよくない口コミもありました。こちらも詳しくみていきましょう。

コアプレッシャー(モアプレッシャー)はお腹の加圧が弱いらしい

期待していた分厳しく評価してしまいましたが、加圧が弱いです💧お腹周りは殆ど圧を感じません。不良品では無いと思うのでしっかりとした加圧を求めている方は他の物にした方が良いです。脇の下の圧だけはしっかりと感じます(笑)
参照元:Amazon

加圧が弱いという口コミは他の加圧シャツブランドでもよく見かけられますが、コアプレッシャー(モアプレッシャー)の場合、特に“腹部”における加圧の弱さを指摘する口コミが多く見かけられました。
胸筋よりは腹筋を重点的に締め付けて鍛えたいという方、あるいはお腹回りのぜい肉が気になるという方にはもしかすると適切な効果が発揮されないかもしれません。

長めに作っている裾が不評?

シャツが長すぎる。細身の女の子ならボディコンで着れそうな感じ。もっと短い状態じゃないと普段は無理です。
参照元:楽天市場

さきほど長所としてとりあげた裾の長さも、使う人によっては“長すぎる”と受けが悪いようです。
そこで、最強!加圧シャツランキング.com編集部がそんな悲劇を防ぐために

  • 着丈
  • 肩幅
  • 袖丈

の3つをコアプレッシャーの販売店に問い合わせてみたところ、迅速に対応してくださいました。
それぞれの長さは以下のようになっているので、サイズを事前にご自身でチェックしてから買うようにしましょう。

着丈 肩幅 袖丈
XS-Sサイズ 63㎝ 23㎝ 20㎝
M-Lサイズ 70㎝ 24㎝ 20㎝

コアプレッシャーはほつれやすい?

1日着て脱いでみたら、背中側の袖の付け根の縫い目がほつれてた。
抜き目が意外に荒いかも。
参照元:Amazon

このようなほつれはコアプレッシャー(モアプレッシャー)に限らず、多くのブランドの加圧シャツで見られます。
ほつれないように適切なお手入れをすることも重要ですが、そもそもほつれていたのであれば話は別。加圧シャツとしてではなく衣類としても問題です。

コアプレッシャー(モアプレッシャー)が不安なら、この加圧シャツ

 

ここまでコアプレッシャー(モアプレッシャー)の口コミをよいものからそうではないものまでご紹介してまいりました。
数多くの工夫がされているコアプレッシャー(モアプレッシャー)に興味が出てきたという方もいらっしゃるいっぽう、もしかすると「やっぱりコアプレッシャー(モアプレッシャー)で失敗するのが不安」という方もいらっしゃるかもしれません。
そんな不安な気持ちを抱えた方に最強!加圧シャツランキング.comがおすすめするのが、コアプレッシャー(モアプレッシャー)で課題となっていた締め付け・着丈・作りの部分をクリアしている金剛筋シャツです。

金剛筋シャツの引き締め感は超ドS級です。
引き締め感の秘密であるスパンデックス繊維をコアプレッシャーでは5%、金剛筋シャツでは4倍の20%も配合しています。
必然的に金剛筋シャツの方が引き締め感が強くなるので、コアプレッシャーで引き締め感が足りなかった方にはおすすめです。

着丈についても、金剛筋シャツの着丈はMサイズ平置きの場合、約51㎝、コアプレッシャー(モアプレッシャー)のM-LLサイズより20㎝ほど短く作られています。
“あまり着丈が長すぎるのは好みではない”、“自分はあくまで筋トレのために加圧シャツを買いたいので、お腹回りをしっかりカバーする必要がない”という方も安心です。

つくりについても安心です。コアプレッシャー(モアプレッシャー)は残念ながら手元にないので比較できませんが、以前「大人気のウルトラシックス! 楽天での口コミは?」という記事でウルトラシックスと金剛筋シャツを比較した結果、ウルトラシックスより金剛筋シャツのほうが縫い目が細かく、ほつれのリスクが少ないと判断できました。

大人気のウルトラシックス! 楽天での口コミは?

2017.07.03
しかしどんなに丈夫なつくりであっても扱いは大切です。できるだけ爪をたてたり、引っ搔いたりしないようにしましょう。

金剛筋シャツの公式サイトへ

自分のニーズに合った商品を選ぼう!

 

今回はコアプレッシャーの口コミを中心にコアプレッシャーの説明、金剛筋シャツとの比較をしました。
同じ加圧シャツであっても各々の商品で特徴やメリット、デメリットがあります。

引き締め感が強すぎて金剛筋シャツじゃ苦しいという方がいらっしゃいましたらコアプレッシャーをおすすめします。
逆にコアプレッシャー(モアプレッシャー)じゃ物足りない方には金剛筋シャツをおすすめします。

商品を発見したらサイズや素材まで目を通しましょう。そして他商品と比較してみてください。
コアプレッシャー(モアプレッシャー)の場合、迅速に対応して下さりますので不明点がありましたら販売元に直接問い合わせるのもひとつの方法です。
自分のニーズや目的に合った商品を選ぶことができると思いますよ。

加圧シャツの複合メディアである最強!加圧シャツランキング.comでは、鉄筋シャツ金剛筋シャツを中心にネットで販売されているブランドの加圧シャツや、有名スポーツブランドの加圧シャツについての効果や使用感、さらには使い方まで幅広い情報をお届けしています。加圧シャツの情報は最強!加圧シャツランキング.comをご覧くださいませ。

金剛筋シャツの公式サイトへ