付けているだけでシックスパック?sixpad(シックスパッド)の値段に驚愕

付けているだけでシックスパック?sixpad(シックスパッド)の値段に驚愕

商品リリースの際にクリスティアーノ・ロナウドが広報活動をしていたことで一躍話題になった低周波EMS腹筋マシン、sixpad(シックスパッド)。

  1. 付属のボタン電池を取り付け、専用のジェルシートを本体に貼り付ける
  2. 1を腹筋の形に添って貼り付ける
  3. 真ん中のボタンを長押ししたら(スイッチ)、24分間日常生活を送るだけ

まさにたったこれだけの作業で、プロも認める本格的な筋トレができるこの商品は、運動は苦手だけど筋トレがしたい人でも手軽に筋トレができると一躍評判になりました。

しかし、気になるのはそのお値段。
今回はそんなsixpad(シックスパッド)のお値段について、最強!加圧シャツランキング.comが“本当のところ”をお伝えいたします。

sixpad(シックスパッド)の値段はやっぱり高かった!

sixpad(シックスパッド)は気軽に筋トレができる夢のような低周波EMS腹筋マシンですが、購入するとなると誰もが気になってしまうのがそのお値段。
やはりプロスポーツ選手が広告塔になっていたり、日本ホームヘルス機器協会に加盟している器具だけあって、価格も決して安くはありません。

ボディフィット2(部分用) 本体価格19,800円(税抜)
アブスフィット2(腹筋用) 本体価格25,800円(税抜)
アームベルト 本体価格22,800円(税抜)
レッグベルト 本体価格27,500円(税抜)
アブスベルト 本体価格39,800円(税抜)

本体価格だけでもこのような価格ですが、さらにsixpad(シックスパッド)を利用する場合、30回使うごとに高電導ジェルシート(2,000円~)を変える必要があります。
「貼り付けているだけ、身に着けるだけで高品質な筋トレが可能で、シックスパックも夢ではない」といわれているsixpad(シックスパッド)ですが、この金額をやすやすと出費できる人はずいぶん限られるのではないでしょうか。

sixpad(シックスパッド)の1/24!安すぎる模造品の存在

先ほどの項目では、sixpad(シックスパッド)の値段をご紹介いたしましたが、正直なところ「高すぎる」と感じた方も少なくないのではないでしょうか。
そんな「sixpad(シックスパッド)は買えないけれど、着けているだけで筋トレできるのは理想的」とお考えのみなさまの心理をついて、近年はsixpad(シックスパッド)の“模造品”も数多く出品されています。

驚愕の1,058円!6pack AB Trainer(シックスパック アブトレーナー)

sixpad(シックスパッド)の模造品としてネット界隈で一躍注目を集めたのがこちらの6pack AB Trainer(シックスパック アブトレーナー)。
お値段はなんと1,058円(発売当初は2,138円→1,559円と値下がりして、現在はこの値段)と本家本元(アブスフィット2)の1/24なのにもかかわらず、ビジュアル・機能ともにsixpad(シックスパッド)を意識しているつくりなことから
「sixpad(シックスパッド)には手を伸ばせないけれど、これくらいなら試してみたい」と注文が殺到しました。

しかし、見た目や使い方こそ同じであれど、やはり機能はsixpad(シックスパッド)に及びません。

sixpad(シックスパッド) 6pack AB Trainer(シックスパックアブトレーナー)
保証期間 1年または2年 保証期間なし
安全性 日本ホームヘルス機器協会に加盟 加盟なし
カートリッジ 国産高電導ジェルシート
(定期購入3,040円)
6pack AB Trainer専用替えパッド
(980円)
プログラム 4種類 3種類
周波数 20Hz 不明

保証期間や安全性はもちろんのこと、主要目的であるトレーニングの内容や強度にも差があるので6pack AB Trainer(シックスパックアブトレーナー)を購入したところで、本家のsixpad(シックスパッド)同様の効果は得られないと考えられます。
6pack AB Trainer(シックスパックアブトレーナー)はあくまで「気休め」程度に思って買うのが正解です。

本物の“偽物”も流通

先ほどご紹介した6pack AB Trainer(シックスパックアブトレーナー)のような「似たような別物」であればまだ見分けがつくものの、sixpad(シックスパッド)には、割安価格で売っている「本物によく似た精巧な偽物」もあるようです。

  • 刺激が強すぎて10秒も付けていられない
  • ピリピリとした痛みがする

割安でお買い求めになったsixpad(シックスパッド)がこのような状態になっていませんか?
公式サイトのこちらのページでも紹介されていますが、もしかしたらお客様のお持ちの商品は“非常に精巧にコピーされた偽物”かもしれません。
もし心当たりがあるようであれば、こちらのサイトから相談をしてみましょう。

模造品で損をするなら加圧シャツでいいんじゃない?

本記事では、sixpad(シックスパッド)のお値段や、お値段は安いけれどもいろいろ問題が山積みな模倣品についてお伝えしてまいりました。
sixpad(シックスパッド)のような、貼るだけで筋トレができる製品は夢のようですし理想的です。
しかし、少しケチったばかりに効果があるのかどうかが不明な模造品や、健康被害を被る恐れのある偽物をつかまされては元も子もないでしょう。

「sixpad(シックスパッド)に手は伸ばせないけれど、身に着けるだけでトレーニングの補助になるようなものがほしい」
そんな方には、模造品ではなく鉄筋シャツなどの加圧シャツをおすすめいたします。

正直なところ鉄筋シャツにはsixpadのような筋トレ効果はありませんが、着用している間は

  • 姿勢が正しく矯正されるので、普段猫背の人はインナーマッスルを正しく使う習慣づけのきっかけになる
  • 着圧シャツを着てトレーニングを行えば、無駄な筋肉の揺れが抑制されるので、効率的な身体の動かし方を身に着けやすくなる

といった効果があります。
また、加圧シャツは衣類なので24時間着用していてもシックスパッドの模造品のような健康被害はないようにお造りしていますし、お値段も3,980円とsixpad(シックスパッド)よりははるかにお手頃です。
sixpad(シックスパッド)のように「楽してすぐに鍛える」ことは難しいですが、鉄筋シャツで健康的に筋トレに励んでみてはいかがでしょうか。

鉄筋シャツ公式サイトへ

加圧シャツの複合メディアである最強!加圧シャツランキング.comでは、鉄筋シャツ金剛筋シャツを中心にネットで販売されているブランドの加圧シャツや、有名スポーツブランドの加圧シャツについての効果や使用感、さらには使い方まで幅広い情報をお届けしています。加圧シャツの情報は最強!加圧シャツランキング.comをご覧くださいませ。