猫背を治せるグッズを猫背のタイプ別にご紹介

猫背を治せるグッズを猫背のタイプ別にご紹介

スマホやデスクワークなどで本来の姿勢が悪くなっているといわれている現代人。

  • ストレッチや筋トレなど運動を行う
  • 整体院に通う
  • 日常生活で気を付ける

猫背を治すために上記のような努力をなさっている方も多いのではないでしょうか。
そんなみなさまの努力を手助けしてくれるものとして取り入れたいのが猫背矯正グッズです。
しかし、「猫背を治せる」といわれるグッズは巷に溢れていて、果たしてどれが自分に合っているのか選びにくいというのもまた事実。本記事ではそんな猫背を治せるグッズを選び方とともにご紹介いたします。

知ってた?猫背にはタイプがある

姿勢矯正ベルトに骨盤矯正チェアにストレッチポール……有名なものだけでもこれだけの種類がある姿勢を治せるグッズですが、ただやみくもに買って試すのは意味がないってご存知でしたか?
実は、こういった猫背矯正グッズを選ぶときには「自分がどのタイプの猫背なのか」をしっかり見極めて、その原因を直接解消してくれるグッズを選ぶのが最も効果的なのです。
そもそも猫背に種類なんてあるの?とお思いになるかもしれませんが、大きく分けても猫背には以下の4つの種類があります。

1:歩きスマホみたいな「頭部前方偏位」

このタイプの猫背は、肩までは正しい姿勢が保てていてもとにかく「頭部が前に出てしまう」のが特徴。
客観的に見て一番わかりやすいのが、街中で歩きスマホをしている人の姿勢です。
歩きスマホをしている人の姿勢といわれれば誰でも連想できるくらいわかりやすい姿勢な一方、そうなってしまっている本人はなかなか気づかない姿勢なので「自分は姿勢に自信がある」という方も陥りがちな猫背タイプです。

2:デスクワークをしているとなりやすい「円背」

デスクワークの肩こりの原因になっているのがこちらのタイプ。肩が内側に入るため、連動して背中も丸まってしまうタイプの猫背です。
PCを打つ作業のように“座りながら、腕を長時間前に伸ばす作業”を長時間行うことで、胸の筋肉にゆるみが生じてしまうのです。
猫背の種類の中でも円背は胸に筋肉がつきにくい女性のほうがなりやすいといわれています。

3:いわゆる“反り腰”「骨盤前傾位」

骨盤前傾位とは、横から見たときに骨盤が“前に”傾いてしまっている状態です。骨盤を前に傾かせてみるとおわかりいただけますが、この姿勢はいわゆる“反り腰”と呼ばれています。
ハイヒールを日常的に着用する女性や立ち仕事をする方に多く、姿勢を正すための腹筋が鍛えられていないためにおこるタイプの猫背です。

4:座っているとずるずる前に行ってしまう「骨盤後傾位」

電車や会議など長時間座っていると、ずるずる前に行ってしまう……これは、骨盤が後ろ側に傾いているためにおこる骨盤後傾位の特徴です。
座骨というお尻の骨で椅子の座面を捉えて座るのが正しい座り方ですが、これができない人が現代増えているようです。

また、この4つが「ミックス」してしまって猫背がさらにひどくなっているケース(例:骨盤後傾位×円背など)も散見されます。猫背矯正グッズの購入を検討するときは、姿見や生活習慣から自分の猫背のタイプを見直すのが重要です。

このタイプにはこれ、話題の姿勢矯正グッズ6つ

ご自身の猫背のタイプを確認したところで、猫背を治せるといわれているグッズを紹介します。今回ご紹介いたしますのは、メジャーなものからマイナーなものまで大きく分けて6つのタイプのグッズです。

頭部前方偏位の人におすすめ「机上台」

机や椅子の高さが合わず、本来の視線よりも低い位置のディスプレイを見ながらデスクワークをする方におすすめしたいのが「机上台」。
机の上に10センチほどの台を置き、その上にモニターを置くだけで、それまで下向きになっていた視線が改善され、結果として首の位置も正常に戻ります。
「え、たったこれだけのことで?」と思われるかもしれませんが、ディスプレイを下向きに見続けていると、首だけが曲がっていたはずがだんだん円背や、骨盤後傾位を併発してしまうので、早いうちに直しましょう。

円背の強力な味方「猫背矯正ベルト」

背中が丸まりそうになると、強制的にベルトやパッドで姿勢を矯正してくれる猫背矯正ベルトは、猫背のタイプでいえば円背の強い味方です。
正しい姿勢を保つばかりではなく「普段から姿勢に気を付けよう」というメンタル面での効果も期待できます。
しかしあくまで治してくれるのは「肩や背骨の位置」までなので、骨盤の位置が猫背の原因となっている骨盤後傾位や骨盤前傾位タイプの方には思うような効果を発揮できません。
猫背矯正ベルトについては「猫背矯正ベルトの効果ってどうよ」で詳しくお話しさせていただいております。

頭部前方偏位と円背に悩んでいるなら「ストレッチポール」

縦向きに寝かせた上に仰向けになって背骨をグリグリするととても気持ちいいストレッチポール。
気持ちいいのももちろんですが、実は寝転がるだけで背中や肩甲骨の筋肉を柔らかくほぐしてくれて、姿勢を矯正してくれると話題の姿勢矯正グッズなんです。
脊柱起立筋を刺激するのはもちろんのこと、横向きに置いた上に肩甲骨を乗せて刺激したり、首の下に用いて首の神経をほぐすことで円背や頭部前方編位も解消できます。
慣れてきたら両腕を天井方向に垂直に伸ばして身体だけでバランスをとってみましょう。

骨盤前傾・骨盤後傾タイプは「座椅子」に限る

椅子の上に置いたり、背もたれに設置するといった“座るだけ”タイプの姿勢矯正グッズは骨盤の位置がずれてしまっている骨盤前傾タイプや骨盤後傾タイプの猫背でお悩みの方には大変便利なグッズ。
ただ“座るだけ”ですし、あまり負担もないような感じがしますが、骨盤の位置がずれている人にとってこれらのグッズは意外と負担。
「お尻が痛くて座れない」「股関節がなんだかつらい」などのレビューも見受けられますが、これも座骨で座る練習です。健康被害が出てしまうようであれば控えたほうが良いですが、まずは3カ月継続してみましょう。

姿勢矯正グッズの元祖、バランスボールは“安定型”

「ここまで読んできたんだけど、正直自分の猫背の原因がどこからきているのか全く分からない」という方はバランスボールがおすすめ。
バランスボールの上に座って姿勢を保つと、日常生活ではあまり鍛えられない深層筋・平衡感覚がきたえられるので、筋力低下が原因となっている姿勢の悪さは改善されます。
また、肩や首にもバランスボールはアプローチ可能。バランスボールの上であおむけになって背中を伸ばすと円背や頭部前方編位にも効果があります。

加圧シャツなどの機能性インナーも“安定型”

バランスボールほどではありませんが、鉄筋シャツ金剛筋シャツといった補正インナーも安定型の定番です。
姿勢矯正バンドを搭載しているので背筋・肩の部分は猫背矯正ベルトと同様に矯正されますし、腹筋部分にも締め付け効果があるので、骨盤前傾型の猫背の矯正効果も見込めます。
また、机上台・ストレッチポール・座椅子・バランスボールのように場所をとることもありませんし、姿勢矯正バンドのように「バンドをつけている」という違和感もインナーなのでありません。
もちろんそれぞれによいところはありますが、取り入れやすさの面からいえば加圧シャツはナンバーワンなのではないでしょうか。

鉄筋シャツ公式サイトへ

継続は力なり

以上本記事では、猫背を治すグッズをご自身の猫背のタイプに合わせて選びましょうというお話をしてまいりましたがいかがでしたか。
ただし、自分に合ったグッズを買ったからと言って“継続的に使う”ことなくして効果はありません。
筋トレやスポーツはもちろん、仕事や学校なども「まずは3カ月」という言葉がありますが、猫背の矯正もまずは3ヶ月やってみることが重要です。
というのも、人間の身体がすべて細胞を変えるためには3カ月かかるといわれていますから、あながち精神論や根性論ではないといえるでしょう。

加圧シャツの複合メディアである最強!加圧シャツランキング.comでは、鉄筋シャツ金剛筋シャツを中心にネットで販売されているブランドの加圧シャツや、有名スポーツブランドの加圧シャツについての効果や使用感、さらには使い方まで幅広い情報をお届けしています。加圧シャツの情報は最強!加圧シャツランキング.comをご覧くださいませ。

鉄筋シャツ公式サイトへ