痩せるだけじゃない!自宅で簡単にできるおススメのヨガ3選!

ヨガサムネイル

ヨガといえば「意識高い系の自然派女性」が行うもの。
なんだかよくわからない不思議なポーズを繰り返しながら息を吸ったり吐いたり。
とりあえず体は柔らかくなりそうな気がするけど……

世の男性陣にとって、ヨガに対するイメージはおよそこんなものではないでしょうか?
もしくは、仙人のようなアジア人の長髭老人が行っているものかもしれませんね。
いずれにせよ、自分とは全く縁のない世界の運動だと認識している人が大半でしょう。

でも、そう決めつけるのはちょっと早計です。どうして世の女性陣がヨガに夢中になるかを考えてみましょう。

その理由は、ヨガには思ってもみなかったスゴイ効果があるからなんです。
もちろん、その効果は女性限定ではありません。最近体型が気になりだした男性陣にも魅力たっぷりなのがヨガ。
今回は、ダイエットだけではないヨガの効果と、おすすめのヨガを紹介しましょう。

ヨガって本当に痩せるの?

ヨガ 呼吸

摩訶不思議な変なポーズで息を吸ったり吐いたりするヨガ。痩せるための運動になるとはとても思えませんよね。
脂肪を燃やす運動といえば、ジョギングや水泳。筋肉をつけるためには腹筋やスクワットに、ベンチプレスなど、どれもヨガとはかけ離れています。ヨガって本当に痩せる効果があるのでしょうか?

結論、ヨガは“痩せる”目的のものではない

結論から言うとそもそも、ヨガとはもともとは痩せるための運動ではなく、瞑想を行うための手段のひとつでした。ヨガ独特のヘンテコポーズと呼吸法によって、心身をリラックスさせ、精神的な安定を得ることを目的としているのです。
ヨガの起源はとても古く、4,000年以上も歴史を持っています。日本文化で考えると座禅を思い浮かべると理解しやすいかもしれません。

ヨガの呼吸が“痩せる”理由

本来精神統一を目的に組まれているヨガにおいては、ポーズよりもむしろ呼吸法が重要です。
ヨガの本質は呼吸にあります。
ヨガにおける呼吸法はいくつかありますが、基本は鼻からゆっくり深く息を吸い、口から息を吐く腹式呼吸で、お腹の底からすべての空気を出し切るのが基本です。
他にも、短い呼吸を繰り返す方法や、口から吸って鼻から吐く方法など、ヨガのポーズに合わせて呼吸法がそれぞれ異なっています。

しかしこのヨガで行う意識的な呼吸が“痩せる”のに大きな効果をもたらします。
呼吸に体の動きを合わせることで、体中のすみずみまで酸素を送り届けることができるので、ヘンテコポーズであっても有酸素運動としての機能を果たすことができているのです。

血液中の酸素は体の細胞にとって命も同然。ヨガは単なる運動としてだけではなく、脳や体の細胞を活性化させる効果も持っているのです。
もちろん、ヨガ独特のポーズ自体にも、普段使用することのない筋肉を鍛える効果がありますが、体中を活性化させ代謝を促進するのがどちらかというとヨガのメインの効果です。
有酸素運動と筋トレ、細胞の活性化を同時にかなえてくれるのがヨガに女性がこぞって通う理由もわかる気がしませんか?

自宅で簡単!男性でもできちゃうヨガ3選

女性の間で大人気のヨガはヨガ教室やカルチャースクールはもちろんスポーツジムにフィットネスクラブなど多くの場所行えます。しかしどれも男性にとっては敷居が高いと感じませんか?
それは、ヨガを行っているのはほとんどが女性だからです。
「中年太りを気にするおじさん」がキャミソールに短パン姿の若い女性に交じってヘンテコポーズをする……ちょっと精神的にしんどいかもしれません。

というわけで、男性がヨガを始める場合はまずは自宅で行いましょう。
ご自分専用のお部屋がある人はそのスペースで、ひとりになるスペース確保が難しい場合は、脱衣所がおすすめです。
スマホやタブレットなどを持ち込んで、動きを確認しながら行うとよいでしょう。というわけで、自宅で簡単にできるおススメヨガを紹介します。

ウエストのストレッチ、ねじりのポーズ

  1. 両脚を前に伸ばして座ります。
  2. 膝を曲げて両足を床の上につけます。
  3. 左足を右膝の下へ通して、右のお尻の外側につけます。
    このとき、左脚の外側が床にくようにします。
    左脚だけであぐらをかくような姿勢です。
  4. 右脚で左脚をまたぐようにして、左のお尻の外側までまわします。
    右足の裏は床に立てます。右膝はまっすぐ上を向くようにします。
    右膝立ちのあぐらのような姿勢になればOKです。
  5. 右手を後方の床に置き、左肘は曲げて右膝に引っかけます。
  6. 吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で身体を右にねじります。
  7. おへそを中心に上半身をねじってください。右大腿の内側を引き寄せます。
  8. そのまま30秒〜1分間キープしながら、深い呼吸を繰り返します。
  9. 息を吐きながら、最初の姿勢に戻ります。
  10. 左側も同じように行います。

文字で書くと難しいですが、動画を見ながらやると動きが分かりやすいでしょう

股関節を柔らかく三日月のポーズ

  1. 正座から、右脚で片膝立ちになります。
    息を吐きながら両手を前について上半身をお辞儀のように前方に傾けます。
  2. 左脚を後ろに伸ばし、足の裏を床につけます。
  3. 息を吸いながら、上体をまっすぐ上まで起こします。
  4. 両手を左右に広げてから頭の上まで上げ、両掌をあわせます。
    両腕を上にしっかり伸ばします。
    腰はできるだけ落とし、胸を張ります。
  5. そのまま30秒〜1分間キープしながら、深い呼吸を繰り返します。
    息を吐きながら、上半身を折り曲げ、両手を床までもどします。
  6. 左脚を床から離し、元の姿勢に戻します。
  7. 足を変え、同様に行います。

太陽礼拝のポーズ

  1. つま先とかかとを揃えてまっすぐに立ちます。
    肩の力を抜き背筋を伸ばして、両手を胸の前で合わせます。
  2. 息を吸いながら両手を上にあげ、手の平を合わせます。
    このとき目線はまっすぐ上に。
  3. 息を吐きながら体を前に倒し、頭と脚を近づけます。
    手のひらを足の横の位置の床につけます。
    しんどいときは膝を曲げてもOK。
  4. 手のひらの位置はそのままで、息を吸いながら背中をまっすぐにして上半身を起こします。
  5. 息を吐きながら片足ずつ後ろへまっすぐ伸ばし、つま先だけ床につけます。
    背筋がまっすぐ一直線になるようにします。
    腕立て伏せのような姿勢です。
  6. 腕を曲げて脇をしっかりしめます。
    頭を倒すように、あごと胸を床につけます。
    膝と両足の指は、離れないように閉じます。
  7. お腹と膝を床につけ、脚はつま先までのばします。
    息を吸いながら両手で床を押して上半身を起こします。
  8. かかとを床につけ、息を吸いながら腰を上に持ち上げます。
    体が逆Vの字のような形になります。
  9. ④・③・②・①の順で、もとのポーズに戻ります。
  10. 息を吐きながら両手を胸の前で合わせて合掌します。

簡単ヨガで痩せやすくスマートな体へ

ヨガ

ヨガの持つ効果、少しでも伝わりましたでしょうか?
ヨガは女性だけのものにしておくのは勿体ない運動です。
心と体の日々の疲れを解消し、精神的な安定効果も高いのがヨガ。
痩せて引き締まった体を手に入れるだけでなく、仕事の能率も向上するかもしれませんよ。

1週間などの短期間ではヨガの効果は実感できないかもしれません。
自然な呼吸と動作を身に付けるのには、少し時間がかかるかもしれないからです。
ですが、ヨガにおける呼吸法を身に付けることができるようになると、自分の精神状態を意識的にコントロールできるようにもなります。痩せるだけではない健康効果が非常に高いのがヨガなのです。

加圧シャツの複合メディアである最強!加圧シャツランキング.comでは、鉄筋シャツ金剛筋シャツを中心にネットで販売されているブランドの加圧シャツや、有名スポーツブランドの加圧シャツについての効果や使用感、さらには使い方まで幅広い情報をお届けしています。加圧シャツの情報は最強!加圧シャツランキング.comをご覧くださいませ。